EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

J49_top_p640×280

海外体験プログラム

多様なテーマのもとに協定校等が主催する8日~8週間程度のプログラムに本学での事前・事後研修を加えた、単位取得が可能なプログラム。
長期間の留学が難しい場合におすすめです。

概要

海外体験プログラムは、海外の大学等が様々な地域や国の学生を招いて開催する短期研修プログラムに 本学における事前・事後研修を組み合わせたもので、全学教育科目の単位取得が可能なプログラムです。 プログラムの中には、参加費や滞在費が無料となるものもあります。
これらのプログラムに参加後、より長期の海外留学を希望し、交換留学に参加する学生も少なくありません。 積極的にこの機会を利用して、海外の学生とのネットワークを広げてください。


(※ショートプログラムも参照してみてください。)

※参考: 海外体験プログラム・ショートプログラムの概要

対象プログラム 募集情報


参加希望理由書

応募する際に必ず提出してください。なお、応募要領は以下「海外体験プログラム応募要領」を参照してください。

参加希望理由書(海外体験プログラム用)



参加希望登録

参加希望理由書を入力後、以下のリンクより参加希望登録を行ってください。

海外体験プログラム・ショートプログラム参加希望登録



派遣先 大学間学術交流協定校等を中心とした、
世界各国の大学(アジア・ヨーロッパでのプログラムが多い)
期間 8日~8週間程度
参加対象 プログラムにより異なる
開催時期 長期休業(夏・春)、第2・4クォーター期間中
単位 全学教育科目「海外研修(展開1)」(1単位)または「海外研修(展開2)」(平成30年度入学者は「海外研修(展開)」)(2単位)取得可能
※事前研修(2~3回)・事後研修(1~2回程)への参加等の条件有り
※FL参加で「海外研修(展開)」・「海外研修(展開2)」を取得済の場合でも取得可能
(詳細は「平成31年度 全学教育科目履修の手引」p.11「5.複数履修について」を参照)
奨学金 上記の科目履修者に対してJASSO奨学金を支給する可能性有り。但し、支給対象の基準を満たしている必要がある(例:日本国籍を有する者(日本への永住が許可されている者を含む)、所定の成績要件を満たしていること、他)。

海外体験プログラム応募要領

(前学期の応募要領から一部変更となりました。)
参加希望者は以下の要領で海外体験プログラムに応募してください。
プログラムにより、主催団体へ直接応募が必要な場合と本学からの推薦・参加申請が必要な場合があります。

1. 申請方法 a. 直接応募の場合 b. 本学からの推薦・参加申請の場合
参加希望者は以下(1)及び(2)について参加申請を行う。
(1)主催団体の参加申請要領をよく確認し、主催団体が指定する締切までに各自で参加申請を行う。
(2)加えて、指定された締切までにオンラインで上記リンク先より参加希望登録を行って以下書類を提出すること。
 〇 参加希望理由書(学内用所定様式。上記リンク先よりダウンロード) ※参加予定プログラム名・期間を記載すること
参加希望者は上記リンク先の募集情報において申請のための提出書類等を確認し、指定された締切までにオンラインで上記リンク先より参加希望登録を行って提出すること。
 〇 提出が必要である書類・データ等
 〇 参加希望理由書(学内用所定様式。上記リンク先よりダウンロード) ※参加予定プログラム名・期間を記載すること

2. 海外体験プログラム参加条件 (1) 学内審査(書類審査)に合格すること(審査時に学業成績も考慮)。
(2) 参加希望者は適切な参加申請の手続きを行い、当該プログラムへの参加許可を主催団体から得ること。
(3) プログラム参加のため日本を出発する前に指定の危機管理セミナーに参加(プログラム開始がこのセミナー後の場合)、あるいは所定のセミナーの動画の視聴・レポート提出を行うこと。*詳細は、海外体験プログラム参加決定者に追って通知。
(4) プログラム参加に際し、学生教育研究災害傷害保険付帯海外留学保険(付帯海学)に加入すること。
(5) 短期プログラム実施期間が本学の授業・試験期間と重なる場合は、参加者本人の責任において学習に支障をきたさないよう調整可能なこと。
3. プログラム参加可否の通知 直接応募のプログラムの場合は、プログラム参加可否について主催団体から参加希望者に通知があり次第、留学生課海外留学係に連絡のこと。
4. 全学教育科目の履修 ・海外体験プログラム参加者は、全学教育科目「海外研修(展開1)」または「海外研修(展開2)」(平成30年度入学者は「海外研修(展開)」)を履修することが可能(プログラム毎に履修可能科目が異なるので募集情報を確認すること)。ただし、学部生の場合はプログラム参加期間が第2・4クォーターを含む場合はそのクォーターに他の授業を履修していないことが履修の条件となる。
 *「海外研修(展開1)」または「海外研修(展開2)」(「海外研修(展開)」)を履修せずに海外体験プログラムに参加することも可能。
 *2020年3月末卒業予定者は後期学期の上記の海外研修科目の履修は不可。

・この科目の履修者は、プログラム参加前に2~3回開催される事前研修、及び同プログラム参加後に1~2回行われる事後研修に出席すること(開始時期は下表の③を参照のこと。学期期間内の水曜または木曜日の18:30~20:30を予定)。
 *事前・事後研修の日時は、海外体験プログラム参加決定後、参加希望理由書に記載のメールアドレス宛に担当教員から履修者に下表の②の時期に通知。

・この科目の履修希望者は下表の①の期限までに留学生課海外留学係宛にメールにて主催団体からの受入を許可したことが分かるメール・文書等を転送すること。
5. JASSO奨学金 「海外研修(展開1)」または「海外研修(展開2)」(「海外研修(展開)」)履修希望者に対して独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)海外留学支援制度(協定派遣)による奨学金を支給する可能性がある。但し、JASSOによる支給対象の基準を満たしている必要がある(例:日本国籍を有する者(日本への永住が許可されている者を含む)、所定の成績要件を満たしていること(指定の方法により算出される前年度(学部1年生は前学期)の学業成績が成績評価係数2.30(3.00満点)以上)、他)。

当該奨学金受給希望者は、主催団体からプログラムへの参加が許可されたことが分かるメール・書類等を下表の①の期日までにメールにて留学生課海外留学係宛転送のこと。この期日までに連絡が無い場合は、当該奨学金の支援対象とならないため留意すること。
6. 危機管理 派遣先国・地域における情勢等によるプログラム参加の可否、中止、延期、途中帰国については、留学生課に確認すること。
また、短期プログラム参加の中止、延期、途中帰国等により発生した費用は理由を問わず全額自己負担となることを承知の上、参加の可否を検討すること。
<表>
プログラム開始時期 ①派遣先大学からの受入通知期限 ②事前研修についての連絡 ③事前研修開始時期
2019年12月中 10月21日(月) 10月下旬~11月初旬 10月下旬~11月中旬
2020年1月中 11月20日(月) 11月下旬~12月初旬 11月下旬~12月初旬
2020年2月中 12月20日(金) 12月下旬~1月初旬 12月下旬~1月初旬
2020年3月中 12月20日(金) 12月下旬~1月初旬 12月下旬~1月初旬


※海外体験プログラムに関する質問は こちらのフォームからお願いします。