グローバルリーダー認定証授与式集合写真


 2020年9月15日(火)に2020年度第1回「東北大学グローバルリーダー育成プログラム(TGLプログラム)グローバルリーダー認定証授与式」をオンラインで開催しました。

 グローバルリーダー認定証はTGLプログラムに参加し所定の条件を満たしてグローバルリーダーに認定された学生に授与されるものです。
 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初めてzoomを使用してオンラインで開催された授与式には、新たにグローバルリーダーに認定された12名の学生が出席しました。
 授与式では、まず初めに大野総長より認定者に対しお祝いと激励の言葉が贈られました。 認定された13名の認定者の氏名が読み上げられた後、認定者を代表して法学部3年の栗田知明さんが挨拶し、TGLプログラムを通してどのように成長したか、そして今後の抱負などを述べました。 その後、出席した12名の認定者がひとりひとり事前に選んだTGLプログラムでの活動を総括する四字熟語の紙を手に持ち、決意表明の短いスピーチをしました。
 認定者たちの決意に満ちた、個性あふれるスピーチに対し、大野総長からは「東北大学という場でこれだけのすばらしい学生諸君が育っているということが確認できて誇りに思う」との感想が述べられました。


画面越しに学生のスピーチを聞く大野総長



 授与式終了後には、既にGL認定を受けた学生有志であるTGLコミュニティアンバサダー(TGLCA)の企画運営によるネットワーキングイベントが、同じくオンラインで開催されました。
授与式の緊張感から解放された和やかな雰囲気の中、新旧のGL認定者が各自事前に選んだ写真を使って、GL認定を目指したきっかけやTGLプログラムの過程で印象に残ったことなどを30秒で説明する、写真コンテストが行われました。
 異なる学部に所属するグローバルリーダー同士が交流を深めると共に、今年4月から活動しているTGLCA第1期メンバーからは、「グローバル認定という目標を達成して終わりではなく、TGLプログラムを通して学んだことを活かしさらに成長するためにも是非TGLCAになって活躍してほしい。」と熱いメッセージが伝えられました。


グローバルリーダー認定者一覧はこちら



グローバルリーダー認定者代表
法学部 3年 栗田 知明さん

 この度はTGLプログラム、グローバルリーダーに認定していただき、ありがとうございます。認定者を代表してお礼申し上げます。
 高校を卒業するまで国際経験がないにもかかわらず、大学卒業後には国際安全保障に貢献したいという、国際的なキャリアを志望した私にとって、大学で何を、そしていかに学ぶかということは、私の人生の中でも非常に重要な問題でした。海外研鑽に裏打ちされた語学・コミュニケーション力、国際教養力、行動力、すなわち、TGLにおける「3+1」の力は、私が目指した人材像そのものであり、TGLプログラムは高校時代の私から理想のキャリアまでのギャップを埋める架け橋になりました。
 今、学習成果を振り返ると、私のTGLプログラムは全学教育の問題解決型演習からスタートしました。ここでは、異文化コミュニケーションの学術的な知見を学び、TGLプログラムの基礎ができました。この基礎力をもとに走り抜けたTGLプログラムにおける、私の最大の学びは「国際的な環境において、自分の態度と能力をもとにゼロから味方を作り、課題解決と目標達成につなげる力」すなわち、人間力がついたことにあります。
 交換留学先のハワイ大学では、国際安全保障の理解に必要な、中国政治と国際関係論を学びました。初めての土地で、まさにゼロから人脈を作り、そこで会った人から新たな機会や知見を広げていくというサイクルを構築したことで、4か月という短期間でありながら、多くの学びを得ることができました。
 私は、TGLプログラムで涵養した「専門性と人間力」というグローバルリーダーとしての資質を、国際安全保障の領域で発揮したいと考えています。日本はどのような役割を担い、如何にして安定した世界を主導的に作っていくのでしょうか。これは私が大学で一貫して考えてきた問いであり、様々な分野の「リーダー」として活躍される出席者の皆様全員に考えていただきたい問題です。私はこの難題に取り組むため、今後も「専門性と人間力」を、海外も含めた将来的な大学院進学によって発展させ、世界の安全保障を実務家として守るグローバルリーダーとなるべく、今後も成長していきます。 (一部抜粋)


認定者代表スピーチをした法学部栗田さん
代表スピーチをした法学部3年栗田さん
代表スピーチのスライド
スライドを使ってスピーチ


授与式の様子は以下より録画動画をご覧いただけます。
2020年度第1回グローバルリーダー認定証授与式 録画動画



なお、授与式については東北大学のウェブサイトおよびSNSにも記事が掲載されています。
東北大学ウェブサイト(日本語版)
GLC Twitter(日本語版)
GLC Facebook(日本語版)
東北大学Global Site(英語版)
Facebook(英語版)
Twitter (英語版)
LinkedIn (英語版)