EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

J41_top_p640×280

海外研修(SAP)

長期休業(春・夏)期間中を利用して参加できる短期海外研修プログラムです。様々なテーマに沿った体験学習や特色ある英語講座、現地学生たちとの交流、ホームステイなどを通じて国際的な視野を育むことができます。

新着情報

2017.4.28 2017年夏SAPのプログラムの募集を開始しました。詳しくはこちら

プログラム概要 平成29年度

海外に行くのが初めての方、長期留学をためらっている方、長期留学の前に語学力を強化し、異文化適応能力を身に付けておきたい方、専門分野を海外で学びたい方などのさまざまな要望に応えるプログラムです。 学期末の休みを利用した短期間の研修ですので、授業への影響や留年の心配はありません。内容はプログラムによって異なりますが、現地学生や留学生との交流なども盛り込んでおり、学期末の休みを有効に使うことができます。


留学先 アメリカ、カナダ、イギリス、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドなどの教育機関
留学期間 夏(8~9月)・春(2~3月)の長期休業期間中に3~5週間
募集時期 5月頃(夏実施プログラム)及び 10月頃(春実施プログラム)

特色

  • 全学部・研究科が対象(学部1~2年生推奨)なので、他部局の友人・仲間ができる!
  • 語学能力、関心、専門、予算に合わせたプログラムが選べます。事前研修(4~5回)、現地での研修、事後研修、報告会など全てを合わせた総合的な研修で、海外初心者も大歓迎!長期留学への準備にもなります。

  • 主に世界トップレベルの協定校等と共同開発。世界のトップレベル校に友人ができるのは大きな財産になります。
  • 「英語で学ぶ」研修ですが、場所は英語圏以外の様々な国・地域で学べます。今、注目のアジアへの留学のチャンスです。
  • 参加者には、全学教育科目カレントトピックス科目「海外研修」の単位(2単位)が付与されます。 また、参加者のうちTGL学生には、TGLポイントが2ポイント(単位取得の場合は海外研鑚サブプログラムのポイント)が付与されます。

応募条件

応募資格

全学部・研究科の学生生(学年不問)
※ 研究生等の非正規生は応募できません。
※ 選考の際は学部学生を優先します。
※ 過去にSAPに参加したことのある学生も応募可能ですが、選考の際は未参加者を優先します。


語学条件

特になし


その他条件

  • 応募受付期限までに学生教育研究災害傷害保険(学研災)に加入していること。
  • パスポートを取得または申請をしていること。
  • SAP参加に支障のある健康上の問題、懸念事項がないこと。

財政支援

留学先大学での授業料等のプログラム費は東北大学が一部負担し、参加学生には月額7~8万円の奨学金(地域による)を支給します。(一部大学院生及び外国籍学生を除く)詳しくは募集要項で確認してください。
なお、この財政支援の一部は東北大学基金を財源として運用されています。過去に支援を受けてSAPに参加した学生からの感謝の声が東北大学基金ウェブサイト上で公開されていますので、こちらをご参照ください。