EN JP

東北大学グローバルラーニングセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

国際共修

国際共修とは、文化や言語の異なる学生同士が、グループワークやプロジェクトなどでの協働学習体験を通して、意味ある交流(Meaningful Interaction)により相互理解を深 めながら、他者を理解し、己を見つめなおし、新しい価値観を創造する一連のプロセスのことを指します。

国際共修紹介動画




国際共修とは

Be Globalロゴ

国際共修とは、文化や言語の異なる学生同士が、グループワークやプロジェクトなどでの協働学習体験を通して、意味ある交流(Meaningful Interaction)により相互理解を深 めながら、他者を理解し、己を見つめなおし、新しい価値観を創造する一連のプロセスのことを指します。

これは、ただ単に同じ教室の中で学習者が机を並べ講義を聞いている状態を指すのではありません。学習者同士がある共通の目標に向かう協働を通して、みずから多様性を受容しようとする姿勢を身に着け、また自分自身の価値観がどのようなものであるかを見つめ直す能動的な学習機会です。
詳しくは「国際共修特別サイト」をご覧ください

Japanese English

 

国際共修が全国の大学に拡大 ~ICL-Channelsプロジェクトで広がる国際共修のチャンス~

ICLとは “Intercultural Collaborative Learning”(国際共修)の頭文字をとったことばです。複数の学習者が言語や文化的背景の違いを認め合い、それらの違いを取り入れて学び合う学習活動を指します。学習者がお互いに物事へのアプローチやコミュニケーション・スタイルから学び合うことで、視野の拡大、批判的思考力の習得、自己効力感の増大など内面的成長を遂げることが期待されます。

ICLを取り入れている国内の大学が参画し、オンラインを活用してICLを展開するプロジェクトが、 “ICL-Channels”です。ICL-Channelsは「国際共修ネットワークによる大学教育の内なる国際化の加速と世界展開」として、2021年度「大学の国際化促進フォーラム」に採択されました。ICL-Channelsプロジェクトは、東北大学が幹事校となり、参加大学間での国際共修(ICL)教育活動の連携を通じてICLモデルを構築します。


ICL-Channelsとは


Japanese

ICL-Channels website


English

ICL-Channels website



ICL-Channels科目の詳しい履修登録方法はこちら

国際共修科目情報

2022年度国際共修科目一覧は以下からご覧いただけます。 


   

国際共修サポーター

 

櫻井 沙樹  SAKURAI Saki         

  • 所属・学年: 文学研究科日本学専攻日本史専攻分野 1年
  • 私の国際共修体験
    私は今までにたくさんの国際共修の授業を履修してきました。国際共修の授業は英語で開講されているものと日本語で開講されているものがありますが、共通しているのは他の授業と比べてグループワークをして発表するなど自分から主体的に考えていく機会が多いことです。グループワークでは様々な背景を持つ人の考えに触れることで自分の視野を広げ、また自分から主体的に考えて意見を発信していく力がついたと思います。実際にイギリスと台湾に短期留学をした際は国際共修の授業で培ってきた力で、たくさんのことを吸収し、より良い学びに繋がったと思います。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修ゼミは自分の価値観を広げるきっかけとなります。自分だけよりも仲間と、同じ考え方を持つ人とよりも様々な考え方を持つ人と関わることによって新しい世界をみることができます。相手のことを知り異文化に触れ、考え、理解していく機会となるのはもちろんですが、自文化について改めて知り、考えていく機会となり、自分を成長させることができます。まずは勇気を出して一歩を踏み出してみてください。新たな仲間、新たな学び、そして新しい世界が皆さんを待っています。

 

湊 洵菜  MINATO Junna        

  • 所属・学年: 教育学研究科グローバル共生教育論コース博士課程前期 1年
  • 私の国際共修体験
    世界を認識する際に自分が信じている既存の枠組みは、恣意的に形成されたものであり、本質ではないことがあります。言語や文化背景の異なる他者を理解するのに用いるべきは、実際に彼らと協働し、時に衝突や葛藤を経て深まる学び合いであり、固定観念や印象論ではありません。履修生と学生サポーター両方の立場を経験し、国際共修は自他を論理的に考える場として機能することに気がつきました。異なる他者から表出した言動の背景や見えない文化、自己の価値観の複雑な成り立ちへのまなざしを生む「仕掛け」が各授業に埋め込まれています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    Discomfort can breed resilience. Discomfort can open up new understanding and meaning and knowledge. ナイジェリア出身のある作家が、社会正義に関して述べる際に発した言葉ですが、私は国際共修の文脈でも同じことが言えると感じています。世界中の多様な他者との対話的交流は、自身の常識が揺さぶられるような体験を引き起こします。どうかその居心地の悪さから逃げないでください。それが自他を理解する真摯さを育み、大きな成長を遂げる出発点になるからです。 国際共修は、学習者の個性が響き合い、それぞれの挑戦が歓迎される、カラフルで安全な場所です。コンフォート・ゾーンから抜け出し、一緒に汗を流しましょう!

 

クー セラ KOO Sera          

  • 所属・学年: 工学部 2年
  • 私の国際共修体験
    今私は英語で授業をしている東北大学のFGLで勉強をしています。 私は中学校の時から国際学校に通いました。 それで、いつも外国人たちと交流をする活動をたくさんしました。 例えば、部活のため他の高校に行って一緒に活動する部活をしました。 その時に他校の学生たちと交流しながら話を交わすことができました。 そして、私は韓国人なので日本に留学を来たことと国際学校を通いながら国際教育を受けたことが私にとって多くの外国人と交流できる機会になって多くのことを学びました。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    私は、学校で学んだことだけでなく、国際修ゼミでの重要な経験も学べると思います。 外国人との協働活動のような貴重な経験を積むことができるからです。 そして、そのような機会に皆さんが持っていた価値観や偏見を変えることができると思います。 このような活動を通して外国人と一緒にコミュニケーションしながら皆さんの考えも広げていくことが重要だと思います。 他の人を理解して協力するスキルは日常でも後にも必ず必要からです。

 

ウ セツセイ  YU Xuejing        

  • 所属・学年: 教育学研究科 2年
  • 私の国際共修体験
    修士一年生の前学期に「異文化理解」という国際共修授業を履修してきました。授業ではグループを分け、留学生の視点から見れば、日本人学生との接触する機会が増え、日本語能力を向上することだけでなく、異なる文化背景や価値観を持つ人々が意味ある交流を行っています。自分の意見を表す一方で、他人の考え方を理解しながら、今まで認識されなかったことを初めて意識して、自分の視野を広げました。さらに、日本人学生と連絡先を交換して、友達もできました。コロナ禍で、国内にいる学生たちにとって国際共修授業は非常に良い経験だと思っています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修ゼミは国内学生が国境を越え、異なる文化を触れる場だと見られます。この場で、留学生にしても国内学生にしても、チームの一員だけとして議論しています。その過程の中、国内学生はやさしい日本語で留学生と話し合い、時には日本語で通じない場合もありますが、英語もよく使用されています。そのため、留学生も心配する必要がないと思います。国際共修ゼミでは、異文化背景を持つ誰でも世界の広さを実感でき、些細な違いを意識するうえで、人々を尊重しながら、異なる文化を理解できます。国際共修ゼミを通して自分を成長させ、皆さんと一緒に楽しく学びましょう。

 

髙橋 真二郎 TAKAHASHI Shinjiro       

  • 所属・学年: 経済学部経営学科 3年
  • 私の国際共修体験
    2学年前期では2つPBL演習を受講し、グループワークを中心に学習をしました。国内外問わず、異なる背景を持つ人たちと意見を主張し、積み重ね、全く想像しなかった新しいアイディアを生み出す過程はまるでアートのようでワクワクしながら受講していました。「ジェンダー」「マインドフルネス」「国際理解教育」など幅広い話題にも触れ、見る世界が広がりました。日本にいながらもグローバルな視点で物事を見つめる機会はコロナ禍で海外に行くことができない今、貴重な経験になりました。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    常に意識していることは「コンフォートゾーン」から抜け出すことです。私も国際共修授業を受け、自分の実力の無さに愕然としました。言語の壁、知識の無さ、消極性とできないことだらけでした。しかし、やり通してみると数えきれないほど得るものはありました。国際交流ができる楽しさ、尊敬できる仲間、友人、先生。ここで得たご縁は大切な宝物です。思い出のひとつにするためにも、全力で伴走します。一緒に走り切りましょう!!

 

米山 啓太郎 YONEYAMA Keitaro       

  • 所属・学年: 教育学部 3年
  • 私の国際共修体験
    私が大学1年次に履修したPBLでは、企業の方々と連携して、どうすれば企業の課題を解決することができるかを考えました。その際に、海外の考え方や制度なども参考にし、日本の企業の改善できる点や、逆に優れている点などを洗い出して、より良い企業の形を模索していきました。当然、言語の壁や価値観の違いなど様々な困難はありますが、その困難に真正面から向き合うことで、常にストレッチゾーンに身を置くことができました。苦労を乗り越えた経験は、今の行動力につながっています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言:
    東北大学が重んじるグローバル人材に必要な要素として行動力があるように、国際共修授業では積極的な行動・発言が求められます。これは、意外と難しいことです。変なことを言って場を乱すかもしれない。そもそも言語が通じないかもしれない。自分も、こんな感じで発言をためらってしまったことはありますし、行動して失敗に終わったこともあります。しかし、安心してください。失敗しても、失うものはあまりありません。失敗を恐れず行動することの大切さ、そして楽しさを、国際共修授業では実感できます。困った時はいつでも我々がサポートします!一緒に学んでいきましょう!

 

チョウ カキン   ZHAO Jiaxin        

  • 所属・学年: 教育学研究科 2年
  • 私の国際共修体験
    私は修士1年時に国際教育科目:異文化理解の授業を履修しました。これまで異なる背景を持つ学生とグループワークをした経験があまりなかったため、最初はとても緊張し、不安でした。しかし、先生とサポーターたちの助けにより、グループ活動の中で皆は徐々に仲良くなり、限られた時間の中でそれぞれが自分の役割を果たし、最後の発表も先生から好評をもらうことができました​​。そのため、私にとって国際共修は、さまざまな学生と深く交流し、自分の視野を広げ、成長するための貴重な機会でした。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    「最初の一歩を踏み出してください!」コロナ禍の影響で海外への留学が難しくなっている中、国際共修は、留学と同じ体験ができる非常に貴重な機会です。もし、スクリーンの前のあなたが「語学力自信ないなぁ…」「外国人と話すのはなんか怖い…」と感じているなら、なおさら、この機会に自分を変えてみてはいかがでしょうか。きっとこれからの大切な思い出になると思います。私もサポーターとして全力で皆を支援しますので、ぜひ楽しんでください。それでは、皆に会えることを楽しみにしております!

 

清水 悠乃   SHIMIZU Yuno        

  • 所属・学年: 法学部 2年
  • 私の国際共修体験
    国際共修は、自分がそれまであまり意識することのなかった事柄について考えさせ、視野を広げてくれます。私がこれまでに参加した授業では、例えば「人権」や「SDGs」など、いま世界で注目されるトピックについて議論を交わしました。言葉や概念は何となく理解しているつもりでも、日本にいる自分とは異なる環境のなかで実際に社会問題を肌で感じている学生の意見や考え方からは多くの衝撃や刺激を受けます。 私は国際共修の活動を通して語学・コミュニケーション能力の向上だけでなく、言葉の壁を超えてより多くの人と積極的に交流する姿勢と意欲が身についたことを実感しています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    「国際共修」という言葉はなんだか堅苦しく、難しそうですよね。しかし、恐れることは全くありません! 私たちは日々、多様な視点や考え方に触れ、それらを理解していく中で、一人の人間として成長していきます。国際共修ゼミは、異なる背景や価値観を持つ仲間と、型にとらわれずに自由に意見を交わせる場です。その環境は、きっと想像以上に新鮮で、心地よく感じられるでしょう。異文化交流の機会としてはもちろん、あなたと同じような意識や目的を持った日本人学生との出会いも期待できます。学生である今だからこそできること、逃さないようにしてください!

 

平林 龍弥 HIRABAYASHI Tatsuya       

  • 所属・学年: 理学部 3年
  • 私の国際共修体験
    @homeにおいて代表的なメンバーとして、国際共修の場を提供する事・国際共修の場を楽しむ事の両方を経験してきました。国際共修と銘打った講義の履修数は少ないですが、留学生との協働がある授業の履修を通して、日本文化や日本社会を批判的に見るだけでなく、一歩後ろに下がった視点から、日本の良さや価値について議論し、考えることをしてきました。それだけでなく、幅広い分野の講義や議論を経て、思考の柔軟さや多角的な物の見方を習得することに努めてきました。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修を通して、思考を巡らすことや交流することは楽しいことです。でも、同時に、文化的背景が異なることや言語の壁に由来する難しさも感じることもあると思います。国際性という言葉は抽象的なのは承知していますが、国際性をもった人材になるために、国際共修ゼミ等を通して、世界について考えてみません。きっと、楽しさと難しさの二つの面を感じつつも、他の授業では得られない見方や経験を手にすることができると思います。この新たな見方や経験を手にしたのちには、新たな世界にワクワクするに違いありません。


お問合せ

ICL事務局 icl-admin@grp.tohoku.ac.jp