EN JP

東北大学グローバルラーニングセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

IMG_1976

国際共修

国際共修とは、文化や言語の異なる学生同士が、グループワークやプロジェクトなどでの協働学習体験を通して、意味ある交流(Meaningful Interaction)により相互理解を深 めながら、他者を理解し、己を見つめなおし、新しい価値観を創造する一連のプロセスのことを指します。

国際共修紹介動画




国際共修とは

Be Globalロゴ

国際共修とは、文化や言語の異なる学生同士が、グループワークやプロジェクトなどでの協働学習体験を通して、意味ある交流(Meaningful Interaction)により相互理解を深 めながら、他者を理解し、己を見つめなおし、新しい価値観を創造する一連のプロセスのことを指します。

これは、ただ単に同じ教室の中で学習者が机を並べ講義を聞いている状態を指すのではありません。学習者同士がある共通の目標に向かう協働を通して、みずから多様性を受容しようとする姿勢を身に着け、また自分自身の価値観がどのようなものであるかを見つめ直す能動的な学習機会です。
詳しくは「国際共修特別サイト」をご覧ください


国際共修科目情報

2021年度後期国際共修ゼミ一覧は以下からご覧いただけます。 


   

2021年度後期国際共修ゼミ一覧 




国際共修サポーター

森岡 駿 MORIOKA Shun       

  • 所属・学年: 経済学研究科博士前期課程 1年
  • 私の国際共修体験
    大学3年生の時に英語で学ぶ国際共修ゼミ(P B L演習・日本文化社会)を3つ履修しました。ちょうど交換留学へ出発する前の学期だったため、留学準備と位置付けて課題解決型のグループワークや英語でのプレゼンテーションに取り組みました。そこでの経験のおかげで、留学先の講義では海外の大学生の前でも堂々と発言できるようになったと感じます。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    私が履修して良かったと感じることは、自分の「コンフォートゾーン」から抜け出したことで大きく成長できたことです。国際共修での体験は時として居心地の良い領域の外に自分を晒すことになりますが、そこで自分がどのように考え行動するかが大事になってくると思います。慣れてきた環境から一歩踏み出して新しいことに挑戦してみたい方はぜひ履修をおすすめします!


櫻井 沙樹 SAKURAI Saki       

  • 所属・学年: 文学部日本史専修 4年
  • 私の国際共修体験
    私は今までにたくさんの国際共修の授業を履修してきました。国際共修の授業は英語で開講されているものと日本語で開講されているものがありますが、共通しているのは他の授業と比べてグループワークをして発表するなど自分から主体的に考えていく機会が多いことです。グループワークでは様々な背景を持つ人の考えに触れることで自分の視野を広げ、また自分から主体的に考えて意見を発信していく力がついたと思います。実際にイギリスと台湾に短期留学をした際は国際共修の授業で培ってきた力で、たくさんのことを吸収し、より良い学びに繋がったと思います。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修ゼミは自分の価値観を広げるきっかけとなります。自分だけよりも仲間と、同じ考え方を持つ人とよりも様々な考え方を持つ人と関わることによって新しい世界をみることができます。相手のことを知り異文化に触れ、考え、理解していく機会となるのはもちろんですが、自文化について改めて知り、考えていく機会となり、自分を成長させることができます。まずは勇気を出して一歩を踏み出してみてください。新たな仲間、新たな学び、そして新しい世界が皆さんを待っています。


湊 洵菜 MINATO Junna      

  • 所属・学年: 文学部英語学専修 4年
  • 私の国際共修体験
    世界を認識する際に自分が信じている既存の枠組みは、恣意的に形成されたものであり、本質ではないことがあります。言語や文化の異なる他者を理解するのに用いるべきは、実際に彼らと協働し、時に衝突を経て展開される学び合いであり、固定観念や印象論ではありません。履修生と学生サポーター両方の立場で大学内外の活動に携わる中、国際共修は他者を論理的に考える場として機能することに気がつきました。表出した言動だけでなく、その背景にある見えない文化の理解を促す「仕掛け」が授業には多く埋め込まれています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    Discomfort can breed resilience. Discomfort can open up new understanding and meaning and knowledge. ナイジェリア出身のある作家が、社会正義に関して述べる際に発した言葉ですが、私は国際共修の文脈でも同じことが言えると感じています。言語や文化の異なる他者との対話的交流は、自身の常識が揺さぶられるような体験を引き起こします。どうかその居心地の悪さから逃げないでください。それが他者と自己を理解する学びの出発点になるからです。 国際共修は、学習者の個性が響き合う、カラフルで安全な場所です。一緒に楽しみましょう!


市川 慶太郎 ICHIKAWA Keitaro       

  • 所属・学年: 工学研究科博士前期課程 1年
  • 私の国際共修体験
    大学3年次に世界の問題について国内学生・留学生と日本語で議論しオープンキャンバスで発表するという授業を履修していました。留学生たちは,日本人にはない視点や考え方をもたらしてくれます。私たちの班ではL G B Tを扱っていたのですが、“L G B Tではない私たちがそれを問題として議論すること自体が問題なんじゃないか?”と言われたとき私は答えを見つけられなかったことを今でも覚えています。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修ゼミを履修するのが不安じゃない人はいないと思います。私も今また履修するとしたら、上手くいくのだろうかと不安になります。しかしそれと同時に新たな人と国境を超えて議論できることにとてもワクワクします。不安な気持ちを振り切って履修した先には“世界”というより高く広いステージが待っています。大変な時や辛い時もあるかもしれません。その時のために経験豊富なサポーターがスタンバイしています!


庄子 美彩 SHOJI Misai       

  • 所属・学年: 経済学部 4年
  • 私の国際共修体験
    私は入学時から、学内での国際共修を通した異文化理解に積極的に取り組みました。東北大学では多くの国から留学生が来ているため、国際共修授業参加を通して英語でのプロジェクトワークやコミュニケーションに慣れ、多様な価値観を吸収することができたと感じています。その後1年生春にSAPプログラム、2年生春にフランス・グルノーブル大学での発表、そして3年生秋に交換留学を行い、国際共修で培った経験がその後の国際交流の土台になりました。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    東北大学の国際共修には、開講言語(日本語・英語)や形式、そしてトピックなど、様々な形式の講義があります。自分の目標や関心に合わせて自由に選択できること、また学内にいながら世界中から集まる学生とコミュニケーションを取れることは国際共修ならではの特徴です。英語に不安を持っていても、全く問題ありません。同じ思いや経験をした学生サポーターが皆さんの学習をサポートします。ぜひ一緒に学んでいきましょう!


杉下 碧 SUGISHITA Midori       

  • 所属・学年: 法学部 3年
  • 私の国際共修体験
    私の大学での目標の一つは、様々な文化や価値観に触れて、より深みのある人になることです。そんな私にとっての国際共修ゼミは、日本にいながら、留学生と交流ができ、多様な文化に触れられる、とても貴重な時間でした。多文化理解という点以外にも、グループワークなどの国際共修ゼミ内での活動を通して、語学力を含めてコミュニケーション力の向上を感じました。国際共修ゼミのおかげで私の大学生活は充実したものになりました。
  • これから国際共修ゼミを履修したい人へ一言: 
    国際共修ゼミの一つのキーワードは「チャレンジ」だと思います。語学力に関わらず、積極的にコミュニケーションを取ろうとすることが国際共修ゼミを充実させるポイントになると思います。国際共修ゼミは積極的な参加が必要になるため、挑戦が特にも歓迎される場だと思います。そして、私たちサポーターはみなさんの新しいチャレンジをサポートするためにいます。新たな仲間と一緒に挑戦し、成長しながら授業を作っていきましょう。


お問い合わせ

国際共修担当:icltohoku*grp.tohoku.ac.jp (*は@に置き換えて下さい)