EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

COLABS

自然科学系短期共同研究留学生留学プログラム
Cooperative Laboratory Study Program (COLABS-Outbound)

プログラム概要 平成29年度

留学先 (1) 大学間学術交流協定締結機関
(2) 部局間学術交流協定締結機関
※上記以外の研究・教育機関等を希望する場合は、応募前に要相談
留学期間 10日~1年  ※留学期間によりタイプが異なる。(下表参照)
募集時期 随時
タイプ留学期間
ワークショップ型10日~31日
短期集中型32日~3ヶ月
セメスター型1学期相当(最短3ヶ月)~1年

応募条件

応募資格

  • 以下のいずれかに該当する者
    - 対象研究科の博士前期(修士)課程又は後期(博士)課程に在籍する学生
    - 対象研究科に進学予定の学部4年生(大学院入試に合格済の者に限る)
    - 医学部・歯学部・薬学部の6年制課程に在籍する学部5~6年生

    対象研究科: 理学、医学系、歯学、薬学、工学、農学、情報科学、生命科学、環境科学、医工学

  • 下記修了要件を満たす見込みがある者
  • 留学期間終了後に本学に戻って学業を継続し、在籍課程を卒業/修了する見込みのある者

語学条件

留学先大学において専門分野に関する研究を行うのに十分な英語能力を有すること
※応募書類として提出される語学能力証明書及び二次審査(面接審査)により総合的に判断する。


その他条件

  • 留学希望大学等の教員より受け入れの内諾を得ている者
  • 留学希望大学等より、学術交流協定に基づく受入承諾書を取得できる(見込みを含む)者
    ※セメスター型で学術交流協定校へ留学希望の場合のみ

奨学金

日本学生支援機構 海外留学支援制度(協定派遣)

当該制度の受給条件を満たし成績優秀な学生に奨学金を支給します。 支給条件・内容等はこちら
※下記修了要件を満たすことができなかった場合、奨学金の返納を求める場合があります。


その他の奨学金

グローバル萩海外留学奨励賞やトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム等、上記以外の奨学金に個人で申請することも可能です。
※ 留学希望時期によっては、各奨学金の募集期間が合わず申請資格を満たさない場合があります。
※ 上記JASSO奨学金との併給はできませんので、採用された場合はJASSO奨学金の辞退することになります。

修了要件

本プログラムによる派遣留学生は、以下の要件を満たすことが求められます。

(1) 研究時間:留学先大学等で、一定時間以上研究に従事すること
(2) 研究報告書:帰国後に研究報告書(英文)を提出すること
(3) 研究発表会:帰国後にCOLABS研究発表会(7月又は2月)に参加すること
(4) 単位認定:本プログラムによる研究について所属部局で単位認定【※1】されること


タイプ(1) 研究時間(2) 研究報告書(3) 研究発表会
ワークショップ型4 ECTS【※2】相当英文 3ページ程度ポスター発表
短期集中型12 ECTS【※2】相当英文 5ページ程度ポスター発表
セメスター型1セメスターあたり
30 ECTS【※2】相当
英文 30~40ページ口頭発表

※1: 単位数、科目名等に定めはない。留学先で取得した単位の互換・認定のほか、「修士研修」の一部に含める等の取り扱いでも可。
   詳しくは所属部局の教務担当教職員に確認すること。
※2: European Credit Transfer System(欧州単位互換制度;ECTS)で使用される単位。1ECTS=25時間の修学・研修に相当。