EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

J41-1_top_p640×280

海外研修(SAP)2017年夏実施プログラム

スタディアブロードプログラム(SAP)は長期休業(春・夏)期間中を利用して参加できる短期海外研修プログラム。参加学生はさまざまなテーマに沿った体験学習や特色ある英語講座、現地学生たちとの交流、ホームステイなどを通じて国際的な視野を育むことができます。

募集要項・手続き方法

短期海外研修(SAP)の募集要項・手続き方法は すべて共通です

海外初心者向け

プログラム名 マレーシアで学ぶ英語と文化
派遣先 マラヤ大学
派遣人数 20人 実施期間 2017年8月7日~8月25日(3週間)
参加対象 学部1、2年生優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 ☆~☆☆☆ 異文化適応力難易度 ★~★★★
派遣人数 実施期間
20人 2017年8月7日~8月25日(3週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部1、2年生優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
☆~☆☆☆ ★~★★★
滞在形式 大学寮(現地学生又は東北大生と2人一部屋で滞在の予定)
平日のみ3食付
参加費用
奨学金
20~25万円程度(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険等)
*週末の食事代・現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆7万円の奨学金支給予定
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

日本及びアジア各地から集まる学生と共に学ぶプログラム
・東南アジアで経済発展が目覚ましいマレーシアのトップ校であるマラヤ大学での研修
・マレー系、中華系、インド系が共存する他民族国家で文化を学ぶ
・午前中は英語学習(レベル別に複数クラス開講予定)、午後は文化体験
・現地学生Buddiesと一緒に授業を受け、学生寮で共同生活する
・週末は現地家庭へホームステイあり

プログラム名 ハワイで学び体験する文化と歴史
派遣先 ハワイ大学マノア校(UHM)
派遣人数 24人 実施期間 2017年9月4日~9月22日(3週間)
参加対象 学部1、2年生優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
派遣人数 実施期間
24人 2017年9月4日~9月22日(3週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部1、2年生優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
滞在形式 ホームステイ(一家庭に東北大生2人滞在の予定)
2食付
参加費用
奨学金
32~37万円程度(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、ESTA申請料等)
*昼食代・現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆8万円の奨学金支給予定
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

東北大学生のために特別に開発されたプログラム
・温暖な気候の米国ハワイ大学マノア校での研修
・実用的な英語を学びながら、ハワイ独自の文化、歴史について幅広く学ぶ
・ハワイ大学の学生とのグループ活動、ホストファミリーとの交流をとおして実践英語を身につける
・パールハーバー、ハワイ日本文化センターへのフィールドトリップも予定
・ハワイの日系人移民の歴史や生活について知る

プログラム名 オーストラリアで挑戦する実践英語とプロジェクト
派遣先 ニューサウスウェールズ大学(UNSW)
派遣人数 20人 実施期間 2017年8月7日~9月8日(5週間)
参加対象 学部生 優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 ☆~☆☆☆ 異文化適応力難易度
派遣人数 実施期間
20人 2017年8月7日~9月8日(5週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部生 優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
☆~☆☆☆
滞在形式 ホームステイ(一家庭に東北大生1人滞在の予定)
2食付(休日は3食付)
参加費用
奨学金
36~41万円程度
(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、ETAS申請料等)
*昼食代(平日)、現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆14万円の奨学金支給予定(7万円を2回支給)
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

日本及び世界各地から集まる学生と共に学ぶプログラム
・オーストラリア有数の都市、シドニーにある総合大学の付属語学学校で英語を学ぶプログラム
・英語圏の大学で学習する準備となる実践的な英語力のトレーニング・自身のレベルに合ったクラスで学ぶことができる語学研修
・英語による生活に必要な実践的なコミュニケーションをする機会
・日本文化を発信するプロジェクト
・現地学生との様々なイベントを通しての交流

プログラム名 カリフォルニアで学ぶ多文化・多民族社会
派遣先 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)
派遣人数 24人 実施期間 2017年8月28日~9月22日(4週間)
参加対象 学部1、2年生 優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
派遣人数 実施期間
24人 2017年8月28日~9月22日(4週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部1、2年生 優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
滞在形式 ホームステイ(一家庭に東北大生2人滞在の予定)
3食付
参加費用
奨学金
27~32万円程度
(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、ESTA申請料等)
◆プログラム費の一部は大学負担
◆8万円の奨学金支給予定
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

東北大学生のために特別に開発されたプログラム
・多文化社会が浸透している地域、カリフォルニア・ロサンゼルス近郊のリバーサイドでの研修
・アメリカにおける「多文化主義」について幅広く、様々な視点から学ぶ
・午前中は主に語学研修、午後は文化を学べる場所に実際に出向くサイトビジット(全米日系人博物館やホロコーストと人種差別の歴史を展示した博物館などを訪問予定)やアクティビティを行う
・現地学生との交流が大変豊富

テーマ学習に取り組みたい学生向けプログラム

プログラム名 ベトナムで学ぶ文化と国際ビジネス
派遣先 貿易大学(FTU)
派遣人数 20 実施期間 2017年8月14日~9月1日(3週間)
参加対象 学部生優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 ☆☆ 異文化適応力難易度 ★★★
派遣人数 実施期間
20 2017年8月14日~9月1日(3週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部生優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
☆☆ ★★★
滞在形式 ホテル(個室)
朝食付き
参加費用
奨学金
20~25万円程度(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、ビザ申請料等)
*昼・夕食代・現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆7万円の奨学金支給予定
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

日本及び世界各地から集まる学生と共に学ぶプログラム
・ベトナムの社会科学系ではトップクラスの大学である貿易大学での研修
・プログラムや現地学生との交流は英語で行われるため、実践的な英語力を伸ばすことができる
・アジアの中でも経済発展の目覚ましいベトナムは、日本企業を始めとして世界中から注目されており、プログラムでは、ベトナムの産業構造や社会問題について英語で学ぶ
・文化や芸術に関係する授業も含まれ、べトナムについての幅広い理解を深めることができる
・企業訪問や文化体験、世界遺産へのフィールドトリップなど、課外で様々な体験をする機会がある
・現地学生との交流の機会がある

実践的な英語力の向上を目指す学生向けプログラム (交換留学準備)

プログラム名 カナダで学ぶ英語と文化体験
派遣先 ウォータールー大学
派遣人数 20人 実施期間 2017年8月28日~9月22日(4週間)
参加対象 学部生 優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
派遣人数 実施期間
20人 2017年8月28日~9月22日(4週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部生 優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
滞在形式 ホームステイ(一家庭に東北大生1人滞在の予定)
3食付
参加費用
奨学金
27~32万円程度(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、ウォータールー大学学生保険、eTA申請料等)
*現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆8万円の奨学金支給予定
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

日本及び世界各地から集まる学生と共に学ぶプログラム
・日常的に必要な英語力を強化するための研修
・英語イマージョン教育を通じてカナダ文化について学ぶ授業
・現地学生やホストファミリーとの交流の機会がある
・フィールドトリップなどの課外体験の機会がある
・現地学生との交流の機会がある

プログラム名 ニュージーランドで学ぶ実践英語
派遣先 オークランド大学
派遣人数 20人 実施期間 2017年8月21日~9月22日(5週間)
参加対象 学部1、2年生 優先 語学要件(英語) 無し
英語適用力難易度 ☆~☆☆ 異文化適応力難易度
派遣人数 実施期間
20人 2017年8月21日~9月22日(5週間)
参加対象 語学要件(英語)
学部1、2年生 優先 無し
英語適用力難易度 異文化適応力難易度
☆~☆☆
滞在形式 ホームステイ(一家庭に東北大生1人滞在の予定)
2食付(休日は3食付)
参加費用
奨学金
35~40万円程度
(内訳:受講料、航空券、滞在費、空港送迎費、海外旅行保険、オークランド大学学生保険等)
*昼食代(平日)、現地交通費は別途かかる
◆プログラム費の一部は大学負担
◆14万円の奨学金支給予定(7万円を2回支給)
現地研修タイプ
現地研修内容
(予定)

日本及び世界各地から集まる学生と共に学ぶプログラム
・自然豊かなオークランドで、世界各地から集まる留学生と共に、実践的な英語を学ぶ
・現地日本語・日本文化学習者との交流の機会もある
・ホームステイすることで現地の生活や文化を体験し、英語力を高める
・最終週の東北大生向け異文化理解コースでは、ニュージーランドの多様な文化を博物館、高校・大学などフィールド訪問も交えて学ぶ

募集要項・手続き方法

短期海外研修(SAP)の募集要項・手続き方法は すべて共通です