EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

ダブルディグリー(共同教育)プログラム

東北大学と海外の提携校の2つの修士レベル学位の取得を目指すプログラム
学位取得に関わるプログラムのため、学内応募を検討する前段階から、東北大学指導教員、派遣希望先大学の指導教員と3者で綿密な計画を立案する必要がある。

プログラム概要

doubledegree_modelcase
研究・学習内容 東北大学指導教員と修士課程全体の研究・授業履修計画を立てた上で、適宜の助言・指導を受けてダブルディグリープログラムでの派遣希望先大学・指導教員を選定する。
東北大学指導教員、派遣希望先大学の指導教員と3者で、修士課程全体計画の中での派遣希望先大学での研究・授業履修計画を位置付けた上で、詳細な計画を立てる。特に、東北大学、派遣希望先大学でのそれぞれの修士論文の内容や審査・発表の時期、修了に必要な習得単位数、及び双方の大学間で互換可能な授業数(及び単位数)については、本プログラム学内応募準備と並行して、東北大指導教員から適宜の助言・指導を受けた上で、派遣希望先大学の指導教員に対し、早期に確認すること。
留学先
留学期間1年半程度(留学先により異なる)
学内募集時期中国・清華大学: 2017年10月上~中旬頃
その他の提携校: 2017年11月中~下旬頃
選考過程自身の所属部局を通じて学内応募し、部局における選考に合格した者は、全学的な審査(書類審査。場合により面接審査も行う)を受ける。これに合格した者が最終的に、留学希望先大学へ本プログラムの志願者として申請を行う。

応募条件

応募資格

  • 所属部局にて、東北大学指導教員により推薦時から留学中、及び留学終了後の一貫した指導を受けることできる者
  • 本学の学部学生又は大学院学生で、学業、人物ともに優秀な者
  • 留学先大学において、専門分野に関する教育を受け、また、その他の活動等を行うために十分な語学能力がある者
  • 留学期間終了後、本学に戻り学業を継続し、本学修士号を取得する意志のある者
留学先 Ecole CentraleINSA Lyon清華KTH
対象研究科 理学・工学※・情報科学・環境科学工学・農学
対象学年(応募時) 学部2年生学部4年生学部4年生学部4年生

※清華大学に関して、東北大学において一部制限がある専攻があるため、募集概要を確認すること。


語学条件

留学希望大学における指導言語及び交換留学生(外国人留学生)に対する語学要件(最低基準)を設定しているかにより異なる。 ホームページ等で各自確認のうえ、下表により判断すること。

留学先 Ecole Centrale INSA Lyon 清華 KTH
指導言語 フランス語(一部英語) フランス語 英語 英語 ※1
語学条件 設定基準なし ※2 TCF 350点 設定基準なし ※3 TOEFL®PBTテスト 550以上
TOEFL iBT®テスト 79以上
IELTS 6.0以上

※1: 留学中にスウェーデン語(レベル4)の習得必須
※2: 指導教員からの推薦書等で語学力が充分であることを証明できればよい。先方大学における選考において、Skype等を利用した面接試験がフランス語・英語にて行われ、授業履修・研究遂行に十分な語学力を有するか、審査される
※3: 指導教員からの推薦書等で語学力が充分であることを証明できればよい


その他条件

  • 授業履修などのやむを得ない場合を除き、学内選考合格後に実施する派遣前オリエンテーションに参加すること。
  • 休学して留学するものでないこと。
  • 海外留学決定後、本学が求める補償内容(セーフティ・ハンドブック P7参照)を満たす海外旅行(留学)保険に加入すること。
  • 派遣学生は、ダブルディグリー取得のため、国際共同教育実施委員会からの適宜の支援を受けつつ、東北大学指導教員による推薦から留学中、留学終了後の一貫した指導を受けるものとする。

奨学金

本プログラム参加者のみを対象とした奨学金はありません。

ただし、以下の奨学金には応募可能です。
・清華大学への留学希望者は、中国政府奨学金北京政府奨学金に個人で申請することが可能(清華大学を通じての応募はできません)
グローバル萩海外留学奨励賞トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム等の奨学金に個人で申請することが可能
・国際共同学位取得支援制度(国際共同教育プログラム)による奨学金に、所属部局を通じて申請することが可能
※なお、申請可能な奨学金は変更となる場合があるため留意のこと。