EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

平成27年度第1回 グローバルリーダー認定証授与式

日時2015年 7月3日(金) 17:00~17:45
会場川内南キャンパス 東北大学附属図書館本館1号館 2階 グローバル学習室

 平成27年度第1回グローバルリーダー認定者授与式では、花輪理事からTGLプログラム及びグローバルリーダー認定制度の概要の紹介の後、里見総長より激励の言葉と共にグローバルリーダー認定証が贈られました。認定者を代表して南井敬晶さん(法学部3年)が挨拶し、「これまでの学び・経験を多くの人と共有し、学内や社会に変化を起こす役割を果たしていきたい」との抱負を述べました。
 なお、授与式はこの夏から交換留学予定の優秀な学生に贈られる「東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞」の授与式と同時に開催され、受賞者15名(大学院生4名、学部生11名)に賞状が授与されました。受賞した学部生のうち9名はTGL学生であり、海外留学から戻った後には、グローバルリーダー認定者として再び授与式に参加することが期待されます。


平成27年度前期 グローバルリーダー認定者一覧


h27-1_1 h27-1_2


受賞者挨拶 法学部3年 南井敬晶さん

h27-1_3

 大学入学から今までを振り返ってみると、これまでの約2年半は長いようで短く、とは言いつつも本当に多くの出来事や出会いがありました。そしてそのひとつひとつが少しずつ自分に変化を与えてきたように思います。そんな出来事のうち、今私がここに立つ最も大きなきっかけとなったのは、2年前のベトナムへの短期留学でした。海外経験などほとんどなかった自分にとって、日本とは全く異なった文化に放り込まれた3週間は、毎日が新鮮で刺激的でした。自分のつたない英語で現地の学生に言いたいことが伝わらなかったもどかしさや、逆に伝わった時の嬉しさは今でも覚えています。日本に戻ってきてからも、多くの活動に参加する機会がありましたが、この時に感じた熱い思いはいつも胸にあります。この9月から交換留学に挑戦しますが、この時の経験がなければ、今回の挑戦に踏み切ることはなかったと思っています。
 私も含め、ここにいる受賞者のひとりひとりがさまざまな出来事とそれに連なる変化を経て、今回の受賞に至ったことと思います。東北大学という舞台が、世界を見据えながら学生ひとりひとりが活躍できる環境そのものであり、そこに自分がいられることを私自身誇りに思っています。
 ただ、やはり忘れてはいけないのは、私たちはまだまだ道の途上にあるということです。今回の受賞はある意味で通過地点であり、ここからそれぞれが自らの目標に向かって今後の大学生活、またその先の世界へと歩んで行きます。そして私たちにはその歩みの中で、自らの学んだこと、経験したことを多くの人と共有し、自分自身の力を大学内のみならず社会へと還元していくことが求められています。私たちがたくさんの刺激を受けて変化を続けてきたように、今度は私たち自身が人々、社会に変化を起こす役割を果たす必要があると強く思います。 今回の認定をきっかけに、自らの果たすべき役割を再確認し、おごることなく今後の大学生活を送っていきたいと思います。