EN JP

東北大学グローバルセンター GLOBAL LEARNING CENTER, TOHOKU UNIVERSITY

J11_top_p640×280

4つのサブプログラム

① 語学・コミュニケーション力養成サブプログラム

目標

世界共通語である英語の4技能(読む力、書く力、聞く力、話す力)をバランスよく伸ばし、 国際レベルで情報の発信と受容に耐えうる力を養う。
論理的に考え、他者に分かりやすく説明する能力を養う。

正課授業・課外学習の例

実践的な英語を学ぶ授業及び課外授業(TEA's English, Practical English Skillsなど)
国際学士コース(※1)や交換留学生受入プログラム(※2)で開講している英語で教授する授業
※1: 外国人留学生を対象とし英語により学士号取得を目指すコース
※2: 学術交流協定校から1年未満の期間で受け入れている外国人留学生
書くこと/話すことを学び実践することによりコミュニケーション力の向上に寄与する授業
プレゼンテーションのスキルを身につける授業

② 国際教養力養成サブプログラム

目標

自国の文化・歴史を理解するとともに、異文化を理解し寛容の精神を育み、自らのアイデンティティを養う。

正課授業の例

自文化や社会を理解することを目標とした授業
異文化理解に寄与する授業
日本人学生と外国人留学生が共に学ぶ授業(国際共修授業)

③ 行動力養成サブプログラム

目標

行動力の原点となる課題解決能力、判断力、積極性、実行力を養い、主体的な学びを醸成する。

正課授業・課外学習の例

課題解決型の要素を取り入れ上記の能力を養成するのに大きな寄与をする授業
産学官のさまざまな分野でグローバルに活躍する方々を招聘しての課外セミナー
インターンシップなどの実践型教育
東日本大震災からの復興を学ぶ実践型授業

④ 海外研鑚(けんさん)サブプログラム

目標

海外に赴き研鑚を積むことにより、グローバル人材としての諸能力を総合的に高めるとともに、更なる勉学意欲をかきたてる。

海外研鑚の例

東北大学(全学又は学部)が主催するスタディアブロードプログラム
海外の学術交流協定校や本学が加盟するコンソーシアムなどが主催する短期プログラム
海外の学術交流協定校への交換留学
海外でのインターンシップ